ブログランキング参加中

映画の話題はこちらへ


  • サイモンさんの
    「僕は映画に恋をする」
    更新情報 ↓

ブログランキング

提携サイト

« 「きのう何食べた? よしながふみ」 | トップページ | トイデジ放浪記~紅葉前の神社編 »

2010年11月 4日 (木)

「娚の一生 西炯子」

少し前に”枯れ専”って言葉がはやりましたが、もしかして

この漫画から来た?Yahoo辞書によると『50~60代の男性に

惹かれる30代女性』の事らしいです。私も好きな洋画の俳優

さんの多くはその年代だわ


「娚の一生」という漫画を読みました。作者は西炯子さん。

こういうタッチの絵はあまり読まないけど、それは読まず

嫌いだったと気がつきました。ものすごくいい

Pict0475_2

ものがたりは…ド田舎にある亡き祖母の家で暮らす

大手電気メーカー社員のつぐみ。のんびりとしたここの

暮らしがとても気に入って今や在宅勤務。しかし、ひとつ

問題が。葬式後から離れにどうやら祖母と訳ありだった

らしい初老の大学教授海江田が住み始めたのだ。


一人暮らしを満喫しようとしていたつぐみは即追い出そう

とするが言葉では勝てず、そのままに。少しずつお互いを

知る事で距離が近づく二人。


海江田のいきなりのプロポーズにとまどうが、実はつぐみ

はある恋愛で心に傷を負っていたのだ…。

娚の一生(1)

娚の一生(1)

価格:420円(税込、送料別)

女が30代になり、親戚が集まる場に行けばどうしても

槍玉にあがってしまう。「いつ結婚するの?」「一生ひとり

って訳じゃないでしょ」。主人公つぐみもまさにその年代。


対して海江田は50代。独身の大学教授。生徒にも人気

があり、秘書は密かに彼を狙っている。渋いモテキャラ。


田舎ののんびりとした暮らし。その空気もあってか二人は

なかなか恋愛へとは進まない。そこが好感度UPの要因。

大人の恋愛は静かに進むのだよ


一巻に泣ける場面があって、つぐみの友達が田舎で一泊

した夜。友達がつぐみの嫌いな所を指摘。(友達だからはっきり

言える関係)眠りについたであろう友達に「自分でもわかってる。

こんな私でも友達でいてくれる?」。その後二人で手をギュッと

握る。そんな友達関係に泣けた


二巻での海江田がつぐみに「また、わけわからんことで怒ってる」

はよく私も言われたからズキッとした。本当は理由を口に出して

「だから怒ってる」と言えばいいのに、心の中でイライラして、

でも口で説明するのは難しくて、だから黙って怒っている雰囲気

だけ相手に伝わってしまう。それもタイムラグがあると余計に

”わけのわからない怒り” に映ってしまう。


年代的にも私やお友達に近いので振り返ったり、現在進行中の

物事に当てはめて読んでしまった。全三巻。別に枯れ専でなく

とも大人のゆっくりと進んでいく恋愛はとてもいいものです。

◆ クリックにご協力を  Thanks(v^-^v)♪ ◆

          ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 「きのう何食べた? よしながふみ」 | トップページ | トイデジ放浪記~紅葉前の神社編 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「娚の一生 西炯子」:

« 「きのう何食べた? よしながふみ」 | トップページ | トイデジ放浪記~紅葉前の神社編 »

伝言板

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プーペ

  • スナップ
    ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
  • 誕生日

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Amazon

  • PCソフト